DEAR-YOUTH ~開発教育ユースチームのブログ~

開発教育協会(DEAR)のタスクチーム『DEAR-YOUTH』 開発教育初心者チームメンバーによるブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気づけば、もうすぐ

ちえぞーです。

私が開発教育協会でインターンを始めて、
もうすぐ1年が経ちます。

これまでやった仕事はたくさんありますが、印象に残ったものトップ5!
5位、ニュースレターの発送
→インターンしょっぱなから、900部(会員数)×14枚(織り込むチラシ)=12600枚 という膨大な数の書類を流れ作業で手にとって、封筒に入れて、糊付けして、送るという作業をやった。しかも、半分以上は一人で。これで何というか、免疫がつきました…。夏のESD国際会議のときも「万」という単位の印刷をしたような…。手作業…。

4位、ワークショップアシスタント&ファシリ
→亜細亜大学、横浜市立大学、大正大学、新宿区生涯学習支援課、定時制高校、通信制高校、子どもの居場所…様々な場所ですばらしいファシリのWSをアシストしてきた。
 テーマは:貿易ゲーム・100人村・される側から見た援助・貧困と開発・地球家族・パーム油・カレー・コーヒー・バナナなどなど…。
 何気に、ファシリはあんまりしたことないんだよなぁ。

3位、報告書作成
→全研・持ちよりセミナー・教材体験フェスタ・開発教育地域ネットワーク会議などの報告書を作りました。生まれて初めて、テープ起こし(もうテープじゃないんだけどね。)もしました。イヤホンに流れる「ぅわーとぅあーすぃーぅわー(私は)」の声と格闘。

2位、要約筆記
→全研や、「心の開発」講座、その他セミナーにて、難聴の方のためのその場の情報提供を確保するために何度か経験しました。話している人の言葉を「要約」して、パソコンで打って、スクリーンに映す。こうしてみると初めて、人間が話す言葉の多くが繰り返しや、雑談で出来ているかがわかります。ぜひ体験してみてください。「ギャグ」も要約しないで同時に伝えられ、難聴の方が笑ってくれるとうれしいんだな、これが。

1位、事務局の仕事を体験する
→「事務」って、なんか「地味~」な感じしませんか?
でも、NPOやNGOの事務局は、かなり肉体作業です(笑)。電話や書類作成は当たり前、広報も、売り込みも、宣伝も、叩き売りも(M子さんの得意技)、ワークショップ企画運営も、掃除も、場所取りも、教材作成・デザインも、写真撮影も…挙げたらキリがないけど、全部事務局&ボランティアさんたちの仕事。何も知らずに「勘違い」して飛び込んだあたしが甘かったなぁ…。

そんなこんなで、もうすぐインターンも終わりです。(終われるのかな?)
このページは今度は小楠君に書いてもらえるといいなぁ。
ちゃんちゃん。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/27(月) 14:13:44|
  2. DEAR インターンの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

THE BIG ISSUE

初ブログのオカトモです。
2月にyouthメンバーはまゆうを訪ねて英国ヨーク&リーズまで行ってきました!
そこでいろいろ学んだことを書こうと思っていたのですが・・・
いやぁ、もう3月も中旬ですね
取り合えず、今日は、「THE BIG ISSUE」という雑誌を紹介したいと思います。
日本と英国、両方に係わるお話です。

______________________________



「THE BIG ISSUE」って雑誌を知ってますか?
どこで、誰が売っているか知っていますか?



「THE BIG ISSUE」は、ホームレスの人たちが路上で販売している雑誌です。
そこで得た利益を元に、再びホームレスの人々は自立することを目指しています。



この雑誌は、1991年にロンドンで初めて発行され、日本では2003年に創刊されました。
今、日本国内では、100名以上のホームレスの方々が日本各地の路上で販売しているそうです。


私がこの雑誌の存在を知ったのは、昨年の8月。
はじめは、色々な意味でとても驚きました。
そして次は、自分の無知を少し恥じました。


「自分の国の中で起こっている問題を、自分は全然知らないんだ」と感じる瞬間は、これまでにも何度かあったけど、こんなに衝撃的だったのは初めてだったと思います。


ここではそんなに詳しく書けないんですけど・・・
例えば、考えてみてください。
途上国のスラムでは、貧しいけれど、家族みんなで支えあって生きているという場面が、何となく頭に浮かびませんか?
だけど、日本のホームレスの人たちは、そういう意味では特殊です。
現状では、そのほとんどが単身の男性で、さらに中年~老人の人が大半です。
でも、今ホームレスである人たちは、日本の高度経済成長期を支え、家庭を支えていた人が多いんです。
でも、長く続いた不況等の事情があって、経済的に家庭を支えられなくなった頃から、一人家を出て孤独になるケースが多いのです。


私は今まで、ホームレスの人たちについて何も知らず、何も理解しようとせず、ただ目をそらして横を通り過ぎようとしていました。
だけど、ある「こと」を知った瞬間から、人の中で何かが変わるんだと思います。


良くないのは、「無知」よりも、「無関心」なんですね。


さてさて、この日記は旅について書こうと思ってたんですよね~
この「THE BIG ISSUE」、英国でも販売員の人を発見しました。
(ロンドンで発行されたのだから、当然といえば当然?かもしれないですけど)
しかも、日本よりも頻繁に。

販売員(あえてホームレスと言わず)の人たちは、日本と同じように男性が多いように感じたのですが、年齢がすごく若かったです。
たぶん、20代前半~30代がほとんど。
国が違えば、事情も違うんでしょうね。
経済的弱者が、どんな風に生まれる仕組みなのか、とか。


イギリスの「THE BIG ISSUE」(2枚のうちの上の写真)の中身は、英語で細かいところまで読めないけど・・・
日本のよりも、企業広告がとっても多い!という印象を受けました。
後半部分は、ほとんど広告。
ってことは、企業のホームレスの人に対する関心が高いということになるし、企業もそういった雑誌に載せることにメリット(イメージUP含む)があるんでしょうね。

日本では、まだちょっとそこまで行ってないかな?

でも、この雑誌の質はとても高くて、「支援のために買う」とかじゃなくて、「読みたいから買う」っていうくらいの価値は十分にあると思う。


例えば、日本の「THE BIG ISSUE」(2枚のうちの下写真)の表紙を見るとわかると思うけど、特集がジョニー・ディップとか、ビョークとか、キャメロン・ディアスとかですよ!!
しかも、インタビューの内容もなかなか良くて、俳優さんとかの人生に対する考え方とかが見えてくるし、ホームレスの人の生の声も活字を通して聞くことができる。


もし興味を持ったら、HPがあるので見てみてください。

日本語ページ   http://www.bigissuejapan.com/
英語ページ    http://www.bigissue.com/cover.html

THE BIG ISSUE 英国版

THE BIG ISSUE 日本版


上が英国版で、 下が日本版です。

テーマ:これってどうよ? - ジャンル:日記

  1. 2006/03/18(土) 15:55:36|
  2. 開発教育ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

開発教育入門講座

メッスィ~です。

DEAR-YOUTHの簡単な近況報告で~す。

3月9日、開発教育協会(DEAR)の「開発教育入門講座」に参加しました。

お題は「パーム油のはなし」。DEARの広報VTR撮影ということで、ワークショップの様子をビデオで撮影していので、今日の参加者はみんな緊張してましたね(笑) 【“開発教育入門講座”の続きを読む】
  1. 2006/03/10(金) 16:42:55|
  2. ワークショップ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DEAR インターン

ちえぞーです(笑)

私は現在、というか去年の春より
開発教育協会でインターンをしている。

その昔のことは、今となっては記憶の彼方なので、
ごく最近のことから(というかもうそろそろ終わるんだけど…)
書いていこうと思う。


今日のテーマは電話


週に3回ほど勤務してるけど、90%以上の確率で電話に出ている私。
「はい、開発教育協会です」
たった10文字のこの言葉、なぜか時々かむ。
「はい、か・か・開発、きょ・きょ教育きょーーかいです。」


以下に電話応対の基本を3つほど


①左手で受話器を取る
→なぜなら右手ですぐさまメモを取ることが出来るから。原則として電話はパソコンの左に置くべし。1回とったら受話器は持ちかえられない。


②必要以上に3割増しくらいで明るい声を出す。
→知ってる人に当たると、これ結構はずい。でも、受付電話は組織の顔。明るくしといて損はない。


③偉そうにしゃべる。
→決して横暴にということではなく、堂々と応対しようってことです。「あたし勤続10年のスタッフだし」くらいの勢いで。無意味?でも、知らないことは知らないと言いましょう。


最近はあたし宛の電話も来るので、ちょっと楽しい電話受付。
たかが電話、されど電話。
YOUTHのみんなも事務局に電話してくる時は
ちょっと「ビビリ」ですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/03/07(火) 17:01:28|
  2. DEAR インターンの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。